プロペシアの写真

発毛にフィナステリドが選ばれる理由

フィナステリドは非常には発毛効果が高いとされる育毛医薬成分です。日本においても厚生労働省の認可を受けた成分でプロペシアなど有名な治療薬にも含まれています。そのフィナステリドのメカニズムについて詳しくご紹介します。

フィナステリドの効果と注意事項

フィナステリドは前立腺肥大症の治療薬として開発された成分で、使用していると毛が生えてくる副作用が出たことから、発毛に有効的だと分かり転用され、後にAGA治療薬として認可されています。フィナステリドを使用した治療薬は5α還元酵素阻害薬に分類され、男性ホルモンのテストステロンの結びつきを阻害することで、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制します。前立腺肥大症では男性ホルモンが影響しており、特にDHTが関与しているとされることから、現在でも治療薬として使用されています。また、AGAの原因とされるDHTが抑制されるため、薄毛の進行を抑えて発毛を促すことができる治療薬となっています。前立腺肥大症には5mgの高用量で使用し、AGA治療薬としては0.2mgか1mgの低用量で使用することになっています。前立腺肥大症に5mgで使用されるのだから、AGAでも5mgは大丈夫だろうと飲む人もいるかもしれませんが、高用量で使用しても効果はあまり出ず、誤った服用方法は副作用を起こす可能性が高まるので推奨できません。また、用法用量を間違えて起こした副作用については、誰も保証はしてくれないので、正しい服用方法を守りましょう。また、フィナステリドは女性にとっては危険な薬となるので、妻などがいる場合はその旨の説明をして、間違って触れられないようにしっかりと保管する必要があります。フィナステリドは触れるだけで皮膚から吸収される性質があるので、飲むだけでなく触れることも女性には禁忌とされています。特に妊娠中は胎児への影響があり、男の子には生殖器に異常が出る可能性もあることから、保管には細心の注意を払って行うようにしましょう。

フィナステリドを成分とした治療薬

フィナステリドは前立腺肥大症の治療薬として開発された成分で、5α還元酵素の2型に作用し、男性ホルモンのテストステロンと結びつくのを阻害し、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制することから、5α還元酵素阻害薬に分類されています。前立腺肥大症は50代の男性から発症することが多く、原理は未だに不明ながら、この年代でDHTが多く増えることからも男性ホルモンが原因であると見られ、DHTを抑制することで予防になるとしてフィナステリドが開発されていました。しかし、使用していると髪の毛が生えてくる副作用が現れ、AGAによって薄毛になった男性に有効であったことから、AGAの治療薬に転用され、日本では厚生労働省によってプロペシアという名前で認可された経緯があります。AGAは男性型脱毛症とも呼び、頭頂部か前頭部の局所の毛髪が薄くなる症状です。進行性のため自然に治ることはなく、徐々に生え際が後退するなど、抜け毛が酷くなる一方で、フィナステリドが開発される前は治療する手段のなかった症状です。AGAの原因は毛乳頭細胞に入り込んだDHTがレセプターと結合し、髪の毛の成長を抑えることで毛髪が細くなり、抜け毛が促進されるというものです。ここでフィナステリドを使用すると5α還元酵素を阻害してDHTを減少させることで、AGAの進行が止まり、再び髪の毛が生えてくるようになります。抑制効果なので、AGAの完治には不可能ですが、使用し続けることで薄毛の進行を抑えることができ、再び髪の毛を取り戻すことが可能となっています。前立腺肥大症の治療薬としては、その後も使用されていますが、日本では認可されておらず、フィナステリドは完全なAGA治療薬の成分となっています。

フィナステリドは女性には有害?

フィナステリドはAGA治療薬の中では最も用いられているものですが、これは男性専用のうえに男性が服用しても様々な副作用のある色々な意味で強い薬で男性でも服用には注意が必要なものですので女性は間違っても服用してはなりません。特に妊娠中の女性であればなおさらで、胎児への悪影響の報告があります。アメリカのFDAが注意事項に記載していますが妊娠中の女性がフィナステリドを服用した場合胎児に副作用が出る可能性があり、特に男の子の場合生殖器に異常が出る可能性が高いという事です。またフィナステリドに触れる事すら危険があるとされています。また女性だけでは無く未成年者の服用も禁止されています。この触れるというだけですら皮膚から浸透し影響を及ぼす可能性があるという事は身近にフィナステリドを服用している男性がいるというだけで女性、特に妊婦さんなどではリスクとなってしまいます。またこういった報告や研究はされていないようですが、子作りに関してもリスクがあると考えるべきでしょう。フィナステリドの成分がもし精子に入っていたら、それだけで大きなリスクとなってしまう可能性があります。子作りや妊娠期間中はパートナーや身近な人にフィナステリドを服用している方がいたら使用を自粛してもらうのが無難です。自分で服用しなくても女性の体には害になるものですので例え薄毛に悩んだとしても自分で服用するという事は論外です。そもそもフィナステリドは男性ホルモンの働きを抑制して発毛を促進させるといった薬ですので、女性には効果がありません。薄毛で悩む女性には女性にも効果があり服用しても問題の無い飲む育毛剤もありますのでそちらを使用すると良いでしょう。